院長 伊藤勇矢

My dream

「せっこついんのお店を持つ」

小学校の卒業アルバムに書いた15年後の自分。これがすべての始まりです。
当時、私の母は阪神大震災で被災し、小さな私を必死に守るため、無理をして
股関節を痛めてしまい、足を引きずる生活を送っていました。そんな母の足の
痛みを少しでも楽にしてあげたいと、当時の私はマッサージとも呼べない、
さする程度のことしかできませんでした。一時的にしかマシにならない症状に、
どうしたら母の足は良くなるのか?そんな幼少期の経験から子供なりに導き出した
精一杯の【夢】だったのです。

柔道との出逢い

中学から柔道に出逢い、高校、専門学校9年間、柔道部に所属し、
心・技・体を磨く柔道に捧げた青春時代。「もっと強くなりたい」と兵庫県の
伝統校、報徳学園の門を叩く。稽古に明け暮れる毎日、ところが高校2年の春、
稽古中に膝の内側側副靭帯と後十字靭帯断裂により、柔道ができなくなる。

 

ドン底からの復活

医者からは手術を勧められたが・・・
「手術をしても二度と元のパフォーマンスは無理でしょう」と告げられ、
考えた挙句、手術をしない選択を決断する。でもどうやったら一番早く復帰
できるかを手探りで模索していました。柔道しかしてこなかった私にとって
この時期は言葉通りドン底でした。どれぐらいの期間で復帰できるのか?
生活にも支障が出るほどの状態に、そもそも治るのか?不安で不安で
どうしようもなかった時に、希望を与えてくれたのが近所の整骨院の先生でした。
その先生は私の膝を診ながら私の不安を察し、現状をわかりやく説明し、
どうすれば復帰できるかを詳しく教えてくれました。ギプスを外した自分の
カチコチに固まった棒のような足とその細さに涙が出ましたが、先生から
「ちゃんと戻るから大丈夫!」と激励され始めたトレーニング。その結果、
1年は最低かかると言われていた膝の状態が3ヶ月で復帰するまでになり、
半年後の新人戦で市内と阪神両大会で個人初の優勝を遂げる。この経験を通して、
正しくアプローチすれば怪我や痛みは早期回復することを身を以て体験し、
人の可能性は無限大だということを知ることができたのです。

それは小学校の時の小さな夢と、中高での柔道の実体験を通して
点と点が線で結ばれた瞬間でした。

修行時代

高校卒業後、すぐに資格を取得するため専門学校に通いながら、
整骨院で修行する日々、学生時代にいろんな治療スタイルを
勉強するために3つの治療院で修行した経験が今の私の土台になっています。

夢の実現

一人一人と向き合い、「治療から卒業」へと導くことをコンセプトに
2012年4月東灘の地で開業。12歳の当時描いた「15年後の自分」
夢の通り、27歳で『せっこついんのお店を持つ』ことが実現するに至る。

「痛みは結果であって原因ではない」

あなたの声に耳を傾け、身体の声を聴き、本当の原因を把握し、
最適な順番であなたの悩みを解きながら最善の手段を見極めます。

 

 

経歴

img_prof01
  • 西宮市立大社中学校 卒業
  • 報徳学園高等学校 卒業
  • 関西医療学園専門学校 柔道整復学科 卒業
  • 関西医療学園専門学校 東洋医療鍼灸学科 卒業

国家資格

img_prof02
  • 柔道整復師
  • はり師
  • きゅう師

その他資格

img_prof03
  • 日本コアコンディショニング協会認定
    マスタートレーナー
  • 日本コアコンディショニング協会認定
    A級講師
  • 日本コアコンディショニング協会認定
    アスリートスペシャリスト
  • 日本コアコンディショニング協会認定
    キッズスペシャリスト
  • 日本コアコンディショニング協会認定
    コアキッズ体操普及員
  • 日本ストレッチング協会認定
    ストレッチングトレーナー セルフ
  • 日本ストレッチング協会認定
    ストレッチングトレーナー パート
  • モチベーションアカデミー認定
    モチベーションテクニックBASIC
  • 日本ペップトーク普及協会認定
    ペップトークマスター

マスタートレーナー

img_prof05

日本コアコンディショニング協会の全国でも数少ない
最高峰資格マスタートレーナーを取得し、最優秀賞受賞しました。

所属団体

img_prof06
  • コイノニア福音教会(プロテスタント)
  • 日本コアコンディショニング協会

教師、講師としての活動も精力的に行っています

img_prof07

10年以上教会学校の教師として、小学生に聖書のメッセージを伝えているなど多岐にわたる活動をしています。毎年、夏におこなわれる子供達のサマーキャンプは院を休んで参加するほど成長を見ることを楽しみにしています。

趣味・特技・好きな事

  • 柔道三段(四段にチャレンジ中!)
  • サイクリング(修行時代、五年間、通勤のため、毎日30kmの道程を往復していました)
  • 育児(4歳の男の子と1歳の女の子の父親です)
    読書(絵本〜聖書まで興味を持ったことはジャンルを問わず読みます)
  • スイーツラリー(大の甘党です)

さまざまな活動に取り組んでいます

全国の専門家を指導
企業〜個人に至るまで治療スキル向上のための勉強会
セミナー講師として活動中。受講者は兵庫県だけでなく
全国から参加されています。

 

地域に向けての活動 〜発育発達に基づく親子エクササイズ〜

地域の小さな子どもをもつお母さんと0~3歳児対象に
「発育発達に基づく親子エクササイズ」全3回シリーズを実施、
地域の子供達の未来のための活動をおこなっています。

ゆがみリセット教室

兵庫県予防医学協会が母体である神戸健康ライフプラザにて
「ゆがみリセット」教室の講師活動をおこなっております。

ボランティア活動

2013年〜2016年、健康チャリティーイベント チームBTB
「命は宝」~神戸から東北へ~ボランティア参加しました。
広報という役割の中でINAC神戸FCや神戸製鋼ラグビーチーム
など企業の招致に成功。

世界の子供たちへ

img_prof09

ワールドビジョン(World Vision)のチャイルドスポンサーとして
カンボジア・エルサルバドルに住む3人の子供の里親をやっています。手紙のやり取りを通して彼らの成長に触れています。彼らが成人になる時に会いに行こうと現在、計画中です♪

 

 

【メディア掲載歴】

●【教諭、部活動指導者向け研修会】
神戸新聞2015年7月25日掲
西宮市立大社中学校にて部活動顧問教諭の方々に向けた
「姿勢から考える怪我の予防法」の研修会を行いました。
先生方の真剣な姿勢が学生たちの未来に活かされることを願って。

 

 

 

 

【ラジオ関西「時間ですよ!林編集長」出演】
ラジオ関西2015年8月6日出演
「ランナーのためのセルフケアと注意点
ラジオ本番中に足部のコンディショニングを実施!?
短時間での変化の違いに「オォ〜」と驚くラジオ局。

 

 

 

 

 

●【才能を開花させる体幹トレーニング】
~低学年から準備する身体の土台〜
“輝く私”神戸RICステーションにてJ-COM TV
「六甲アイランドアワー」にて放映(2015年8月)
発育発達の過程を通して成長する子供達の
身体についての講義と実技をTV取材を受けました

 

 

 

 

 

 

 

●2016年3月 兵庫県初承認!!

県下で初の「整骨院がプロデュースするボディメイク事業」
兵庫県より承認。2013年から始めたボディメイク事業が、
治療院の信頼とこれまでの実績+αが他では類を見ない
革新的なスタイルだと県に認められました。

 

 

 

 

 

 

●【院長の裏の顔】

表向きはいとう鍼灸整骨院 院長、
裏の顔は、境界なきカラダ応援団
X-port kobe(クロスポート神戸)代表。

〜X-port kobe〜
(クロスポート神戸:略してクロスポ)
神戸マラソン2014をはじめ、日本有数の
スポーツイベントのフィジカルサポートチーム
クロスポが担当するスポーツ現場では
急性期〜超慢性期の症状を抱えながら競技を
続けておられる選手も多く、普通の医療機関では
手に負えない症状に悩んでいる方もいます。
そんな選手をベストコンディショニングに導くため
限られた時間で即効果を実感してもらえる、
効果的かつ無駄のない治療を提供しています。
ここでの貴重な経験を日々の治療に還元しています。

詳しい活動内容はこちら